マイホームを考え始めたら

知っておきたいコストとリスク  賃貸×持家 比較検証

住宅ローンは怖い?
給料が下がったり、失業したりしてローンが返せなくなったら

もしも給料が下がってしまったら・・・
もしも不況で失業してしまったら・・・
そんな先の見えない将来への不安から、
住宅ローンを抱えることにリスクを感じ、
将来的にも賃貸でいいや…という若い方が増えています。
ただ本当にそれでリスク回避できているのでしょうか?
賃貸の場合、家賃を滞納したらすぐ追い出されてしまいます。
新しい住まいを探すにも敷金や引越し代など
まとまったお金がかかります。
ましてや資力のない人は入居審査で落ちる可能性もあります。
一方、持家の場合は仮にローン返済が厳しくなっても
頑張っている人たちには様々な支援措置が用意されています。
そのため持家ならローン返済が滞っても、
自宅に住み続けながら生活再建を図る道が残されています。

会社倒産やリストラ、ボーナスカットなどによりローン返済が困難になったら…

住宅金融支援機構の支援措置

①返済期間を最長15年延長
②最長3年の元金返済据え置き措置
 (その間は利息のみの支払い)
③据え置き期間中の金利の引き下げ措置

民事再生法による支援措置

①マイホームを手放さずに生活再建できる
 制度あり
②住宅ローンについて70歳までの最長10年間の
 繰り延べ返済期間

※法律改正により請条件、内容が変わる場合があります。

株式会社山一地所
宮城県仙台市泉区泉中央二丁目13番地の3
代表 022-373-0001
営業時間 9:00~18:00

[グループ会社]

株式会社やまいちパーク

セーフティーサポート株式会社

山一ハウス株式会社

©Yamaichijisho Co.,Ltd All Rights Reserved.